2017年6月23日金曜日

幕之内峠を歩く(1)

 6月20日には、飯室の道標から土井泉神社までしか行かなかったので、6月23日改めて幕之内峠を歩いてみることにしました。この道はかつては人や牛馬しか通れないような狭い道であったものを明治18年から19年にかけて、地域住民の労力や費用の3分の1を負担して改修工事が行われ馬車や荷車も通れるようになったということです。しかし戦後自動車の通行が盛んになると、狭い上に急坂、急カーブ、断崖絶壁のあるこの道は、バスの転落事故も発生するなど危険になったため、昭和29年に幕之内トンネルができるまで石見往還の主要道路として使われてきた道です。  土井泉神社の下を通って道を歩いて行くと、幕之内峠と書き、曲がりくねった矢印が描かれた表示がありました。早速ヘアピンカーブです。道脇にはホタルブクロが咲いています。いくつかのカーブを曲がりながら坂道を上って行き、ガード下をくぐります。






土井泉神社下を通って幕之内峠に向かう

道路が曲がりくねっているという表示

幕之内峠入り口で早速ヘアピンカーブ

道路脇にはホタルブクロが咲いていた


ガード下をくぐる


2017年6月22日木曜日

安佐北区 飯室土井泉神社に参拝

 土井泉神社は前に参ったことがある神社ですが、鳥居の前では玉乗り狛犬が迎えてくれています。急な長い石段を見ると、これは上らないわけにはいきません。途中手水鉢などのある壇があり、また石段を上ると社殿がありました。参拝し拝殿に上がってみると、明治7年に奉納された絵馬が掲げられています。その武者絵が気になりました。太刀と金砕棒で戦っている場面です。これは誰の、どの戦いの場面の図なのか分かりません。調べてみたいと思いました。神社は高台にあるので、眺めがいいです。
土井泉神社社殿
土井泉神社狛犬(阿形)


土井泉神社狛犬(吽形)

土井泉神社参道石段





拝殿に掲げられている絵馬(明治7年に奉納された武者絵)


土井泉神社からの眺め

2017年6月21日水曜日

安佐北区飯室の道標

 6月20日 安佐北区飯室に道標があるというので行ってみました。旧国道261号と幕の内峠との合流地点、養専寺の前に大きな灯籠と並んで建っていました。道標は大正8年に建てられたもので広島市など各地への方向と距離が書かれています。飯室が交通の要衝であったことが分かります。そこから幕の内峠の方向に向かいます。古い家並みが続く道を通っていると、土井泉神社の鳥居と神社に向かう高い石段があり、その下に一等水準点がありました。この道がこの道がかつて主要な道路だったことが分かります。土井泉神社はかつて城があったところに建てられた神社です。
飯室養専寺の前に灯籠と道標が並んで建っている

大正8年に建てられた(広島市など各地への方向と距離が書かれている)

可部方面の幕の内峠に向かう


土井泉神社鳥居石段(かつて城があったところ)

石段下に一等水準点がある

一等水準点(この道がかつて主要な道路だったことが分かる)

2017年6月20日火曜日

縮景園のアジサイ

 縮景園では梅雨のこの時期アジサイが満開でいろいろな色、品種が楽しめます。
縮景園のアジサイ①


縮景園のアジサイ②




縮景園のアジサイ③


縮景園のアジサイ④

縮景園のアジサイ⑤

2017年6月19日月曜日

安佐北区可部の道標

 6月17日 広島市安佐北区可部の旧道を歩いてみました。南原峡に向かう道との分かれ道に道標がありました。墓のような変わった形です。中央に南無阿弥陀仏 道 右三よし(みよし) 左者また(はまだ)と書いてあります。このような形の道標は初めて見ました。道標の下に「道」というなかなか含蓄のある言葉が書いてあるお土産の置物が置いてありました。


墓石のような形の道標

中央に南無阿弥陀仏 道 右三よし 左者また(はまだ)と書いてある

御土産の「道」の置物が置いてある

2017年6月18日日曜日

 広島市本通りの黒田が最後に踏んだピッチャーズプレートの記念碑を見る

 6月16日 本通りの近くを通ったので、広島東洋カープ元投手の黒田がマツダスタジアムで最後に踏んだピッチャーズプレートの記念碑を見に行きました。黒田の永久欠番背番号「15」にちなんで6月15日に除幕式があったという記事が中国新聞に載っていました。たくさんの人が記念碑を見ていました。ピッチャーズプレートはサイン入りで、黒田の手形とともに、赤い御影石にはめ込まれています。カープの快進撃に弾みがつきそうです。

本通りに設置された黒田が最後に踏んだピッチャーズプレートの記念碑を見る

永久欠番の背番号「15」にちなみ6月15日に除幕された

2017年6月17日土曜日

縮景園の田植えまつりを撮る(2)

 有年場は狭いので田植はすぐ終わります。場所を跨虹橋に移動してもう一度はやし田の演技が披露されます。バチをバトンのように高く投げあげたり、激しく動かしたりしながら、太鼓を打ちます。
田植えが終わった有年場


場所を移動

跨虹橋の上でもう一度披露


バチをバトンのように高く投げあげる

バチを激しく動かしながら太鼓を打つ