2018年4月19日木曜日

アンデス音楽祭「マチュピチュ エン ハポン」 鑑賞

 4月15日 心配された雨も上がったので廿日市市の三倉岳休憩所で行われる「マチュピチュ エン ハポン」の鑑賞に出かけました。「マチュピチュ エン ハポン」とは日本のマチュピチュという意味だそうで、各地から集まったフォルクローレのグループによる演奏会です。駐車場になっている栗谷小学校に着くとアジア大会のマスコット「ポッポとクック」が出迎えてくれました。ここから地域の方が車で会場まで送ってくださいます。会場に着くとツツジが満開でした。背後に三倉岳が聳え立っています。登りたいと心は動きますが今回は三倉岳には登りません。すでにフォルクローレの演奏が始まっています。今日は一日フォルクローレを聴いてマチュピチュの雰囲気に浸ります。聞くと地元広島県は元より中国地方、遠く北海道や九州からも駆け付けたグループがあり、年々盛んになっているようです。昼休憩中はアトラクションとしてアルプホルンの演奏やフィリピンのミンダナオ島の小学生たちによる民族舞踊があるなど感動の一日でした。
アジア大会のマスコット「ポッポとクック」がお出迎え


三倉岳はツツジが満開


「マチュピチュ エン ハポン」は日本のマチュピチュという意

県内はもとより遠くは北海道・九州からもフォルクローレのグループが集まり演奏を繰り広げる

昼のアトラクションではアルプホルンの演奏

フィリピンのミンダナオ島から来た小学生による民族舞踊

2018年4月18日水曜日

「天国に一番近い里」の花桃まつり

 邑南町川角地区は住民全員が60歳以上という高齢化が進む地域で、耕作放棄地が増えてきたため、花桃を植えることで地域を活性化することを考えたようです。年々植え足し現在は2000本にもなったようです。ちょうど花桃まつり開催中で花桃は見頃でした。まさに「桃源郷」です。鮎の塩焼きや猪ラーメン・猪の串焼きなど地元の食材を使った軽食なども販売されていました。
邑南町川角地区の花桃まつり開催中

菜の花と花桃が美しく咲き誇っている

耕作放棄地に花桃を植え「桃源郷」を目指す

地元食材を使った鮎の塩焼き・猪コロッケや猪の串焼きなども販売されていた

2018年4月17日火曜日

「天国に一番近い里」へ

 大林・久喜銀山がある地区は広島県と島根県の県境にあります。 銀山資料展示室のある久喜集会所のすぐ目の前に国境の碑が建っています。これから「天国に一番近い里」に向かいます。途中「カエル注意」の珍しい交通標識を見ました。ここにはニホンヒキガエルの産卵地があるようです。たくさんのカエルが横断するのでしょうか。曲がりくねった峠道を通って「天国に一番近い里」に着きました。ここは邑南町 川角地区です。
現在地は県境(智教寺バス停に掲示してある銀山案内地図より)
 

すぐ目の前が広島県

国境に建つ石碑

珍しい「カエル注意」の標識

「天国に一番近い里」!に到着(邑南町 川角地区)

2018年4月16日月曜日

久喜銀山・大林銀山を訪ねて(3)久喜銀山跡

 次に向かったのは久喜銀山跡です。この間歩は明治33年に水抜きのために掘られた間歩でトロッコが残されています。この間歩を掘るとき大鉱脈を発見したそうです。その後精錬所の跡を訪ねました。溶鉱炉跡やからみ(銀を製錬した後の残滓)を捨てたからみ原、久喜鉱山の守り神の山神社 山田屋敷、大森代官所別邸跡などを見学して集会所に帰り昼食、地域の方にお茶まで出していただき有難くいただきました。昼食後は銀山跡を後にして「天国に一番近い里」を訪ねます。
久喜銀山案内図

久喜銀山間歩(水抜きのために掘られた間歩 トロッコが残っている)

溶鉱炉跡

からみ原(からみが捨てられて層になっている)


山神社(久喜鉱山の守り神)

山田屋敷、大森代官所別邸跡

2018年4月15日日曜日

久喜銀山・大林銀山を訪ねて(2) 道小間歩

 道小間歩内に入ります。気温2℃ 湿度70%を示しています。しゃがんで入らないと頭を打ちます。それでも少し油断するとヘルメットがゴツンと音を出します。なるほどヘルメットは必須です。足元はぬかるんでいます。長靴も必須です。懐中電灯を照らしながら奥に入っていきます。まさに探検隊の気分です。天井には蝙蝠はぶら下がっています。懐中電灯の光を当てても全く動きません。寒さを防ぐためか蝙蝠団子を作っています。竪坑の上から雨のように水滴が落ちてきます。竪坑を上がり下がりするための丸太の梯子も残されています。蝙蝠に見送られながら間歩を出ました。坑道内での採掘作業の厳しさがイメージできました。
坑内に入る(2℃ 湿度70%)

かがんで入らないと頭を打つ

足元はぬかるんでいる

天井には蝙蝠がぶら下がっている

寒さを防ぐためか蝙蝠団子になっている

竪坑の上からは雨のように水滴が落ちてくる

竪坑を上がり下がりするための丸太の梯子が残されている

蝙蝠に見送られながら間歩を出る

2018年4月14日土曜日

久喜銀山・大林銀山を訪ねて(1)

 4月8日 団地の山の仲間と島根県邑南町の久喜銀山・大林銀山を訪ねました。今回は登山ではなくて、鉱山跡の見学です。先ず久喜集会所にある銀山資料展示室で地域のボランティアの方の説明を聞きます。石見銀山は世界遺産に登録されており何度か訪ねたことがありますが、この銀山跡は知りませんでした。1190年に久喜銀山の発見の記録があるので、鎌倉時代の初めごろから採掘されはじめ、戦国時代は毛利氏や尼子氏高橋氏などがこの銀山の争奪戦を繰り広げています。関ケ原の戦いの後はほとんどが天領とされ幕府の財政を支えています。昭和37年まで採掘されています。資料展示を見たり説明を聞いたりした後、いよいよ地域の方が用意してくださった、長靴、ヘルメット、軍手を着用し、懐中電灯を持って間歩の見学です。いくつか間歩が残っていますが、内部が崩壊していたりして危険です。今回は銀山保全委員会の方により整備された大林銀山の道小間歩に入ります。
銀山資料展示室へ

鉱石採掘用具

鉱石

大林銀山道小間歩へ(ヘルメット、長靴、軍手着用)

道小間歩口

2018年4月13日金曜日

城崎温泉(2)四所神社狛犬・道祖神

 城崎温泉の温泉街に四所神社がありました。四所神社は温泉の守護神として崇められているようです。創建は古く和同元年(708年)といわれています。境内に入ると子連れ狛犬が迎えてくれました。子連れ狛犬に出会うのは久しぶりです。子狛はなかなか腕白そうな面構えです。強い親に守られて強がっているようでかわいいです。川辺に置かれているほほえましい道祖神を見ながら駅に向かいました。
四所神社

子連れ狛犬

なかなか腕白そうな面構えの子狛

ほほえましい道祖神